MENU

ブログ

Blog

人工授精

  人工授精とは、排卵のタイミングに合わせて調整した精液を人工的に子宮内へ入れる治療法です。精子自身の運動性に期待する方法で、自然妊娠と同様に受精は卵管内で行われます。 精液所見(一般的に総運動精子数 10×1…

続きを読む

不妊スクリーニング

当院ではブライダルチェックとして、簡単な月経周期のスクリーニングをご提案しております。気になる症状がなくても、排卵しているか、などとなんとなく不安という方はご相談ください。 スクリーニング検査しながら、タイミング療法や人…

続きを読む

不育症

妊娠はするけれども、流産・死産を繰り返して結果的に子供を持てない場合、不育症と呼びます。2回連続した流産を反復流産、3回以上連続した流産を習慣流産と言い、不育症はより広い意味で用いられています。1回の流産の頻度は10~1…

続きを読む

子宮内避妊システム(IUS)・子宮内避妊具(IUD)

従来、子宮内に銅付加子宮内避妊具(IUD;Intrauterine device)を設置する避妊法が長らく行われてきました。OCのように毎日同じ時間に薬を飲む必要がなく、設置すれば数年効果がみられます。 レボノルゲストレ…

続きを読む

OC・LEP

OC(oral contraceptives 経口避妊薬)とLEP(low dose estrogen progestin 低用量エストロゲンプロゲスチン製剤)は、どちらも女性ホルモンであるエストロゲン(卵胞ホルモン)と…

続きを読む

卵巣腫瘍

卵巣は子宮の左右に一つずつあり、卵子を発育させたり女性ホルモンを出したりします。卵巣に発生した腫瘍が「卵巣腫瘍」であり、大きさや種類は様々です。「卵巣嚢腫」とは、卵巣にできたふくろ状(=嚢)の腫瘍のことを言います。子宮内…

続きを読む

子宮腺筋症

子宮腺筋症とは、子宮内膜症の一種で、子宮内膜に似た組織が子宮の壁である子宮筋層内で増殖する病気です。好発年齢は30代後半から40代です。 【症状】 かなり強い月経痛や過多月経を来すことが特徴です。子宮腺筋症は年齢と共に進…

続きを読む

子宮内膜症とは

子宮内膜症は、子宮内膜に似た組織が子宮内膜以外の場所にできる病気です。 もともと子宮の内膜は女性ホルモンの影響で月経周期に合わせて増殖し、月経として子宮の外に排出されます。子宮内膜症も、同じように月経周期に合わせて増殖し…

続きを読む

子宮筋腫とは

子宮筋腫は、子宮の壁(筋層)に発生する良性の腫瘍です。がん(悪性の腫瘍)ではありません。 子宮筋腫は婦人科の良性腫瘍の中で最も頻度が高く、30歳以上の女性の20〜30%に存在するといわれています。 子宮筋腫が子宮のどこに…

続きを読む

1 2

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ