MENU

ブログ

Blog

9価HPVワクチンの定期接種化について


厚労省でHPVワクチンについての活発な審議が続いており、産婦人科医としては大変嬉しく思います。

2022年8月4日の第19回厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会では、

・9価HPVワクチン

・男性へのHPVワクチン投与

が対象になりましたので少しまとめます。ここでは、9価ワクチンについてです。

 

今回の審議会では、9価HPVワクチンの定期接種化が科学的に問題ないとする結論がまとめられました!

今後、開始時期や対象、回数などが具体的に決まっていくそうです。

 

前回の審議会では、

*9価 HPV ワクチンは4価と比較して HPV6、11、16、18 型に対して免疫原性(血中抗体価の上昇など)は劣ることなく、さらに4価ではカバーできないハイリスク遺伝子型についても有効であること

*9価 HPV ワクチンは4価と比較して接種部位の症状の発現は多いものの、全身症状は同程度であること

*9価 HPV ワクチンは4価と比較して、接種費用が高くても、費用対効果に優れていること

から、定期接種化への話が進んでいました。

前提として、日本での子宮頸がんの現状を改めてお示しします。

*日本の子宮頸がんの患者数は年間 11,012 例(2017 年全国がん登録)、死亡者数は 年間 2,871 人(2018 年人口動態統計)

*年齢調整罹患率・死亡率は、諸外国が減少している中、日本は高い水準にあります。

*20 代後半から 40 代がピーク

*女性のがん全体の3%で、20 代では最多、30 代では乳がんに次いで多いです。前がん病変のCIN3 の段階で発見されることも多いです。

 

【ヒトパピローマウイルス( human papillomavirus: HPV )感染】

HPV 感染しただけでは、抗 HPV 抗体価はほとんど上がりません。

HPV感染して病変が発生するまで時間がかかりますが、その潜伏感染の状態では HPV 抗原はほとんど産生されないため、免疫誘導による自然の抗体価上昇は期待できません。

ワクチン接種のみが、抗HPV抗体価の上昇を期待できると考えられています。

日本人で子宮頸がんにかかった方が感染している HPV 遺伝子型は、多い順に16、18、52、58、その他ハイリスク群です。

前がん病変のCIN3にかかった方が感染しているHPV 遺伝子型は、多い順に16、52、58、31、18、33です。

子宮頸がんの方が感染しているHPV遺伝子型は16, 18が60-70%を占めており、9価 HPV ワクチンの標的である 16、18、31、33、45、52、58 型の合計が、80-90%を占めています
CIN3の方が感染しているHPV遺伝子型は16, 18が40-50%を占めており、9価ワクチンの標的である16、18、31、33、45、52、58 型の合計が、80%を占めています

今後の対象はどうなるのでしょうか。

9価が定期接種になるまでに他のHPVワクチンを打っていた方やキャッチアップはどうなるのでしょう。

また、男性もそろそろ対象になってほしいです。

次回のブログでは、今回の審議会でもあがった男性のHPVワクチン接種について触れます。

 

2022年10月1日クリニック日記で、男性へのHPVワクチン接種についてご案内しております。

2022年11月1日クリニック日記で、9価HPVワクチンの定期接種化の決定についてご案内しております。

                           
記事監修院長 杉森 弥生

資格・所属学会

  • 医学博士
  • 日本産科婦人科学会 産婦人科専門医
  • 日本婦人科腫瘍学会 婦人科腫瘍専門医
  • 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
  • 日本産科婦人科遺伝診療学会 認定医(周産期)
  • 日本女性医学学会
  • 日本産科婦人科内視鏡学会
  • 日本緩和医療学会
  • 日本性感染症学会
  • 日本思春期学会
詳しい医師紹介を見る クリニックの予約を取る
記事監修村川 裕子

資格・所属学会

  • 医学博士
  • 日本産科婦人科学会 産婦人科専門医・指導医
  • 日本生殖医学会 生殖医療専門医
  • 日本女性医学学会 女性ヘルスケア専門医・指導医
  • 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
  • 日本産科婦人科遺伝診療学会 認定医(周産期)
  • 周産期・新生児学会
  • 日本産科婦人科内視鏡学会
  • 日本思春期学会
  • 日本性感染症学会
詳しい医師紹介を見る クリニックの予約を取る

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ