MENU

ブログ

Blog

生理の予定日を調整したい・ずらしたい(月経移動)


大事な試験やスポーツ大会、旅行などのイベントに生理が当たらないようにしたい方は、ホルモン剤を服用することで生理を移動させることが可能です。

月経移動には、生理を早める方法と遅らせる方法の2通りがあります。生理をずらしたい期間や生理予定日までの日数などから方法を選択します。

早める場合は、避けたい月経の1つ前の月経中または月経前に来院いただく必要があります。遅らせる場合は、避けたい月経が始まる5日前までに来院いただく必要があります。

使用するホルモン剤は、中用量あるいは低用量ピル(OC)、黄体ホルモン(プロゲスチン)製剤です。当院で用意しているお薬は、低用量ピルとプラノバールです。

普段から生理痛がつらい方や生理の周期が不順な方は、イベントのときだけ生理を避ける方法よりも、数か月前から低用量ピル(OC)の服用をお勧めしています。

お薬 メリット デメリット
ノアルテン

(プロゲステロンのみ)

吐き気などの副作用は少ないです。 効果は一番弱いです。内服中に出血が始まることがあります。
低用量ピル(OC・LEP)

(少量のエストロゲンと

プロゲステロン)

避けたい時期の前から飲んでいれば、スムーズに調整できます。生理不順生理前の不調の方は普段から飲んでいると楽になります。 吐き気が出る方がたまにいらっしゃいます。

その他OC・LEPに飲めない方をまとめてございますのでご参考ください。

プラノバール(中用量ピル)

(中用量のエストロゲンと

プロゲステロン)

効果は一番強いです。ほぼ確実に避けたい時期の月経を避けることができます。 吐き気が出る方がたまにいらっしゃいます。血栓症のリスクがある場合は飲めないこともあります。低用量ピルが飲めない方にはプラノバールもお出しできません。

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ