MENU

ブログ

Blog

子宮が下がる、尿が近い、漏れる、出にくい



骨盤内の臓器を支える骨盤底筋群(膀胱や尿道、子宮など骨盤内の臓器を支える筋肉)が緩み、骨盤の中にある臓器がきちんと支えられずに、腟から出てくる状態を「骨盤内臓器脱」と言います。

出てくるものによって「子宮脱」「腟脱」「膀胱瘤」「直腸瘤」があり、異物感や排尿障害、不正出血おりものの異常、排便障害などが起こります。

妊娠・出産や加齢、肥満、閉経による女性ホルモンの低下などがおもな原因と考えられています。

体重の減量や骨盤底筋群体操の指導、ペッサリーや手術で子宮の位置を戻してあげることなどで対応します。腟・外陰の乾き・ムズムズ・かゆみ、尿失禁、頻尿・尿意切迫感、排尿困難感、性交痛、性的欲求低下などの症状をまとめた「閉経関連泌尿生殖器症候群(Genitourinary syndrome of menopause;GSM)」に対しては、副作用の少ないエストロゲンの腟内投与が有効である可能性があります。まずはご相談ください。

 

                           
記事監修院長 杉森 弥生

資格・所属学会

  • 医学博士
  • 日本産科婦人科学会 産婦人科専門医
  • 日本婦人科腫瘍学会 婦人科腫瘍専門医
  • 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
  • 日本産科婦人科遺伝診療学会 認定医(周産期)
  • 日本女性医学学会
  • 日本産科婦人科内視鏡学会
  • 日本緩和医療学会
  • 日本性感染症学会
  • 日本思春期学会
詳しい医師紹介を見る クリニックの予約を取る
記事監修村川 裕子

資格・所属学会

  • 医学博士
  • 日本産科婦人科学会 産婦人科専門医・指導医
  • 日本生殖医学会 生殖医療専門医
  • 日本女性医学学会 女性ヘルスケア専門医・指導医
  • 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
  • 日本産科婦人科遺伝診療学会 認定医(周産期)
  • 周産期・新生児学会
  • 日本産科婦人科内視鏡学会
  • 日本思春期学会
  • 日本性感染症学会
詳しい医師紹介を見る クリニックの予約を取る

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ