MENU

ブログ

Blog

子宮がん検診


子宮に発生するがんのうち、下部の子宮頸部に発生するがんを子宮頸がん、上部の子宮体部の内側(子宮内膜)に発生するがんを子宮体がん(子宮内膜がん)といいます。子宮頸がんの発症のピークは30歳代後半で、20~30歳代の若い女性に増えてきています。国内では毎年約1万人の女性が子宮頸がんにかかり、約3000人が死亡しています。そして、患者数も死亡率も増加しています。

子宮頸がんの原因は、ほとんどがヒトパピローマウィルス(HPV)というウィルスの性的感染によるものです。HPV自体はありふれたウィルスであり、性交経験のある女性の過半数は、一生に一度は感染するといわれています。HPVに感染しても大部分の方では自然に排除される一方で、少数の方ではHPV感染が長期間持続し、さらにその一部の方において前がん病変(子宮頸部異形成といいます)を経て、子宮頸がんに進行します。子宮がん検診と同時に、HPV検査を受けていただくこともできます。

当院には婦人科腫瘍専門医とがん治療認定医が在籍しております。お気軽にご相談ください。

 

文京区の子宮がん検診をご希望の方

文京区にお住まいの方は、2年に1回無料で受けていただけます。必ずチケットをご持参ください。専用の問診票がございますので、来院後にご記入ください。

基本的には子宮頸がんの検査のみでよろしいのですが、不正出血などの症状がある方は子宮体がんの検査も行うことがあります。不安な症状がある方は、診察時にご相談ください。

また、子宮内膜卵巣については経腟エコー検査が適しております。ご希望の方には1650円(税込)で行いますので、ご相談ください。

結果は問題なければ郵送でお送りいたします。

結果に異常がある場合は、当院で精密検査を受けていただけます。

当院では、曜日や時間に関係なくいつでもコルポスコピーと子宮頸部組織診(生検)を受けていただけます。ご予約なしでも承りますが、多少お時間のかかる検査ですので、ご予約の方を優先して診察を進めている場合はお待たせしてしまう可能性がございます。
Webかお電話(03-3818-1132)にて通常の予約枠をお取りいただき、「子宮がん検診の精密検査を希望」と一言添えていただけましたら幸いでございます。

なお、内診台での検査時間が他の検査よりも長めであり痛みを伴うこともあるため、安全のためにお子様連れはお控えください。

文京区の子宮がん検診以外の方

子宮がん検診は自費診療になります。
婦人科ドッグブライダルチェックで他の検査とまとめてお受けいただくことも可能です。検査内容については、お気軽にご相談ください。

                           
記事監修院長 杉森 弥生

資格・所属学会

  • 医学博士
  • 日本産科婦人科学会 産婦人科専門医
  • 日本婦人科腫瘍学会 婦人科腫瘍専門医
  • 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
  • 日本産科婦人科遺伝診療学会 認定医(周産期)
  • 日本女性医学学会
  • 日本産科婦人科内視鏡学会
  • 日本緩和医療学会
  • 日本性感染症学会
  • 日本思春期学会
詳しい医師紹介を見る クリニックの予約を取る
記事監修村川 裕子

資格・所属学会

  • 医学博士
  • 日本産科婦人科学会 産婦人科専門医・指導医
  • 日本生殖医学会 生殖医療専門医
  • 日本女性医学学会 女性ヘルスケア専門医・指導医
  • 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
  • 日本産科婦人科遺伝診療学会 認定医(周産期)
  • 周産期・新生児学会
  • 日本産科婦人科内視鏡学会
  • 日本思春期学会
  • 日本性感染症学会
詳しい医師紹介を見る クリニックの予約を取る

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ