MENU

ブログ

Blog

これって更年期障害?


更年期障害をご存じですか?

少し前に某テレビ局の番組で取り上げられ、お問い合わせが増えてきました。

症状は人それぞれで、

「これが絶対に更年期障害!!」

という症状はありません。

有名なホットフラッシュも、実際は日本人の1/3くらいの方しか起こらないと言われています。

日本人の研究では、多い順に、

疲れやすい、頭痛、のぼせ、腰痛、汗をかく、不眠、イライラ、お肌のかゆみ、動悸、気分が沈む、めまい、胃もたれ、腟の乾き

と報告されています。

「これって更年期障害ですか?」と相談されることが多いです。

完全に生理がなくなる閉経は50歳くらいが平均ですが、個人差があります。

その前後10年間、つまり45~55歳頃を『更年期』と言います。

その時期に女性ホルモン

エストロゲンがゆらぎと減少を生じるため、

自律神経失調症である『更年期症状』が出てくると考えられています。

 

症状が似た病気で、甲状腺や心臓、耳や脳の病気があります。

ですので、まずはこういった大きな病気を否定しなければなりません。

治療方法が全く異なるからです。

更年期障害の治療方法はいろいろありますが、HRTと呼ばれるホルモン補充療法(Hormone Replacement Therapy)は婦人科独特の治療法です。

前述したように女性ホルモンのゆらぎが更年期障害の原因の一つですから、HRTで症状がよくなれば更年期障害と判断しても良いと思います。

 

HRTを行えない方も一部いらしゃいます

また、当院ではHRTを行う方に、必ず子宮体がん検診と乳がん検診(専門のクリニックをご紹介いたします)をお願いしております。

他にも当院では漢方薬やプラセンタ注射、エクオール含有のサプリメントなどをご提案しています。

 

更年期障害は女性ホルモンのゆらぎ以外にも、ストレスが大きく関係しています。

50歳前後といえば、ちょうどお子様が大きくなってきたり親御様の介護が始まったり、仕事の負担が増えてきたりとストレスも増えてきます。

そこで更年期障害によって日常生活を送るのが難しくなり、家族と不和が生じたり仕事を辞めざるを得なかったりする方も出てきます。

更年期は誰しもが通る道。

みんなで労わりあいながらストレスを軽減しましょう。

 

HRT希望の方は乳がん検診と子宮体がん検診を必ず受けていただいておりますので、健診や人間ドックで受けられていらっしゃる方は結果をご持参ください。

Webまたはお電話(03-3818-1132)でご予約をお取りください。

 

次回のブログで当院で行っているHRTについてご説明いたします♪

 

                           
記事監修院長 杉森 弥生

資格・所属学会

  • 医学博士
  • 日本産科婦人科学会 産婦人科専門医
  • 日本婦人科腫瘍学会 婦人科腫瘍専門医
  • 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
  • 日本産科婦人科遺伝診療学会 認定医(周産期)
  • 日本女性医学学会
  • 日本産科婦人科内視鏡学会
  • 日本緩和医療学会
  • 日本性感染症学会
  • 日本思春期学会
詳しい医師紹介を見る クリニックの予約を取る
記事監修村川 裕子

資格・所属学会

  • 医学博士
  • 日本産科婦人科学会 産婦人科専門医・指導医
  • 日本生殖医学会 生殖医療専門医
  • 日本女性医学学会 女性ヘルスケア専門医・指導医
  • 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
  • 日本産科婦人科遺伝診療学会 認定医(周産期)
  • 周産期・新生児学会
  • 日本産科婦人科内視鏡学会
  • 日本思春期学会
  • 日本性感染症学会
詳しい医師紹介を見る クリニックの予約を取る

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ