MENU

ブログ

Blog

HPVワクチンを自費で受けた方への払い戻し(償還払い)


HPVワクチンキャッチアップ世代の方へ

前回のブログの続きです

HPVワクチンの積極的勧奨が差し控えられてから、悩んでいるうちに無料で受けられるご年齢が過ぎてしまった方は多いと思います。

そういった方は、今までのブログでお示ししたように「キャッチアップ接種」が無料で受けられます。

その一方で、

無料の対象のご年齢が過ぎてからご自分で費用を負担してHPVワクチンを接種した方もいらっしゃるかと思いますが、

そのような方にはワクチン費用が支給されます!!

第32回厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会の資料で示されています。

 

対象となるのは

キャッチアップ接種の対象者;1997年度(平成9年)から2005年度(平成17年)生まれの9学年

のうち、

無料接種の対象年齢を過ぎた後に、ご自分でお支払いいただきHPVワクチン(2価ワクチンと4価ワクチンのみ)を受けた方

申請は、

令和4年4月1日時点で住所が所在する市区町村に行ってください

詳細は、お住まいの自治体へお問い合わせください

申請期限は、令和7(2025)年3月31日までです

キャッチアップの対象の方は、

*ご自身の負担で打っていれば費用を申請してください

*打っていなければキャッチアップ接種を受けてください

いずれも期限は2025年3月31日です

 

なお、接種間隔についても注意点があります

2価ワクチン(サーバリックス)
2回目は1回目から1か月以上あけて、3回目は1回目から6か月あけて行う
ただし、早めなければならないときは
2回目を1回目から1か月以上あけて、3回目は1回目から5か月以上かつ2回目から2か月半以上あけて行う

4価ワクチン(ガーダシル)
2回目は1回目から2か月以上あけて、3回目は1回目から6か月あけて行う
ただし、早めなければならないときは
2回目を1回目から1か月以上あけて、3回目は2回目から3か月以上あけて行う

また、

*妊娠中は打てません

*新型コロナウイルスワクチンとは2週間あけてください

*9価ワクチン(シルガード9)は現在のところ助成の対象ではありません

 

期限内に間に合うようにご計画ください

我々も注意して安全な情報をご提供できるように心がけてまいります

 

当院でのワクチン接種はお電話(03-3818-1132)にて承ります

                           
記事監修院長 杉森 弥生

資格・所属学会

  • 医学博士
  • 日本産科婦人科学会 産婦人科専門医
  • 日本婦人科腫瘍学会 婦人科腫瘍専門医
  • 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
  • 日本産科婦人科遺伝診療学会 認定医(周産期)
  • 日本女性医学学会
  • 日本産科婦人科内視鏡学会
  • 日本緩和医療学会
  • 日本性感染症学会
  • 日本思春期学会
詳しい医師紹介を見る クリニックの予約を取る
記事監修村川 裕子

資格・所属学会

  • 医学博士
  • 日本産科婦人科学会 産婦人科専門医・指導医
  • 日本生殖医学会 生殖医療専門医
  • 日本女性医学学会 女性ヘルスケア専門医・指導医
  • 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
  • 日本産科婦人科遺伝診療学会 認定医(周産期)
  • 周産期・新生児学会
  • 日本産科婦人科内視鏡学会
  • 日本思春期学会
  • 日本性感染症学会
詳しい医師紹介を見る クリニックの予約を取る

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ