MENU

ブログ

Blog

HPVワクチンについて


HPVワクチンについてお問い合わせをよくいただきます。

子宮頸がんの扁平上皮がんの原因となるHPV(ヒトパピローマウイルス)の感染を防ぐワクチンで、

2価・4価・9価の、3種類のワクチンがあります。たくさん種類のあるHPVのうち、何種類をカバーするかが大きな違いです。

☆2価ワクチン・・サーバリックス

☆4価ワクチン・・ガーダシル

☆9価ワクチン・・シルガード9

 

HPVはたくさん種類があるのですが、その中でも子宮頸がんのハイリスクといわれているHPVが数種類あり、
さらにそのうち16型・18型とよばれるHPVが、子宮頸がんから最も多く検出されています。

3種類のワクチンはすべてこの16型・18型をカバーしており、あと残り何種類のHPVをカバーしているかが大きな違いです。

 

また、小学校6年生から高校1年生までの女子は2価・4価のワクチンは公費助成となり、

無料で接種することができます。お住まいの自治体にご相談ください。

当院には文京区のほか、台東区や練馬区の方も公費助成で接種しに来られています。

お住まいの自治体にご確認ください。

9価のワクチンはまだ公費助成の対象となっていません。
今後公費助成となった際は、またブログで発信していきます。

 

当院でHPVワクチン接種の際は、安心して接種していただきたいという思いから、

接種されるかたのお部屋をご準備させていただいております。

接種後30分程度、副反応が出ないことを確認してからご帰宅いただきます。

土曜・日曜(日曜日は不定休のためHPでご確認ください)も診療を行っておりますので、お気軽にご相談ください。
お部屋やワクチンの確保が必要なため、ご予約はお電話(03-3818-1132)にて承ります。

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ